記事テーマの為の情報提供をお願いしています!ご協力いただける方はこちらから!

6月17日創作座談会レポート

宣伝・告知紹介

Gelehrte Crest(ゲレさん)

様々な活動をしていらっしゃるゲレさん

今回はそんな中の1つであるフォント制作についてご宣伝いただきました!

これまでも多数の文字をフォント化しているゲレさんですが、現在はエオルゼア丸文字フォント製作中だそうです

既存のエオルゼア文字フォントよりも丸みを帯びているのが特徴的で好きな人は絶対好きな感じのフォントですかね

まだ製作中でない文字も多いそうですが気になるかたはぜひチェックしてみてくださいませ!

Lidylia Masclet(リディさん)

同じく多様な活動をしているリディさん

今回はそんな活動の中から現在特に進捗のある2つの活動を宣伝くださいました!

自作朗読劇風動画
TRPG「風」

などなどを作っているそうですよ!

詳しい情報・進捗はTwitterにてご確認ください!

Gucchan Diva(ぐっちゃん)

TRPGプレイヤーのぐっちゃん

6/18日の21時よりTRPGプレイ配信をするそうです!

今回は対話がより重要になるTRPGだとか!

興味のある方はぜひご覧くださいませ!

※なぜかSSが上手く取れてませんでした。ぐっちゃん申し訳ない

本日の話題

本日もテーマトークを行いましたよ!今回のテーマは「感想の入り口」です

簡素化された感想

最近の各種サービスを見ていると感想ってどんどん簡略化されていますよね

Twitterのいいねを筆頭にワンボタンなら操作してもらえてもしっかりした感想を求めるようなのは既にもう古いんでしょうかね?ただ仮に古いのだとしても「送れる」という状況だけは作っておくのが大事!

特に感想が欲しいと思うなら何かしら方法を用意する事が必要だなと思うのでした

文章書くのって大変

そもそもこうした簡略化の背景を考えると「文章を書くのが大変」というのがあると思います。自身の思いを相手に「正しく」伝えようとするとどうしてもしっかり考えて書く必要がありますからね

今回の参加者の方の中にも「感想は欲しいけど送るのが大変というのも分かる」という意見もありました

まずは「欲しい派」か「欲しくない派」かを示す!

そもそも今回も最初に確認したんですけど創作をしている人=感想が欲しい人ではないんですよね

様々な考えから感想はいらないという人、そもそも完成させた時点でもう次に意識が向いているから感想はなくても良いという人などもいて、双方の意識のズレから過去に嫌な事があったなんて話も聞きます

そう考えると最初に出来る感想の入り口は「感想が欲しいかどうか示す」事かも知れないですね

今週の座談会についてと次回予告

そんなわけで今週もテーマトークを繰り広げました

今回ちょうどよくというべきか参加者の方の中に色々な意見の方がいらっしゃってその意見を聞くだけで面白い感じになりましたね!

それぞれの経験もあれば考え方もあるので最初に「今回の話で否定された気にならない事」というのを言っていたんですが(否定しない事だと言いたい事言えなくなっちゃいますからね)皆さんしっかり考えを持っていらっしゃるのが良かったですね!

そんなわけで今週の創作座談会レポートは以上になります

次回の創作座談会は6月24日の21時から!

なかなかテーマトーク以外の事がやれていないけど少しずつでも動いていきたい所です

ではではーっ
アジントタ(良い夜を)

その他の創作者の作品・活動を知りたい人はこちら

コメント