記事テーマの為の情報提供をお願いしています!ご協力いただける方はこちらから!

オーシャンフィッシングで1万点を超える方法をまとめてみた

ギャザクラのコンテンツ化が加速!オーシャンフィッシングで遊んできた!

やっはろラリホー
ギャザクラ好きのチスイです。

漆黒発売以降、ギャザクラのコンテンツ化が進んでいますね!

その第一弾となったのが進行形のイシュガルド復興なわけですけどイシュガルド復興に続いてコンテンツになったのがオーシャンフィッシング!

パッチ5.1で実装されたイシュガルド復興では唯一復興に関わる事が出来ないというハブられた存在になってしまった漁師ですけど、ここで一気に巻き返しを図った感じがしますね!というよりオーシャンフィッシングを作っていたからイシュガルド復興に漁師を関わらせる事が出来なかったというのが実情な気もしますが(開発コスト的な意味で)

そんなわけでボクも何度か挑んで無事にマウント「ヒボドゥス」を獲得してきたので今回は獲得までの流れと方法・オーシャンフィッシング自体の感想なんかもまとめて紹介していきます。

マウント獲得までの流れ

1回目 とりあえず参加!

1回目はマウント等も意識せずとりあえずコンテンツの流れを把握する意味合いで参加してきました。

2回目 ミニオン:コマンダー・シャーク獲得

2回目に行く前に少し調べてペーシェンスを使うと釣果ポイントが伸びやすいというのを見かけたのでペーシェンスを使って参戦!5000点を越えてミニオン:コマンダー・シャークは獲得!

3回目 ペーシェンス2を使ってで9000点越え

2回目では間違えてペーシェンスを使っていたのでペーシェンス2に切り替え、幻海流のタイミングも合わせて9000点越え!自身でも幻海流を起こせた事もあって伸びた結果に!

4回目 ダブルフッキング方法に変更

ダブルフッキングを使った方が伸びやすいという情報を目にしたのでダブルフッキングに切り替え!タイミングをミスする・幻海流も1度しか起きずで全く振るわず終了

5回目 ギリギリ達成

3回幻海流は来るも1度目と2度目は「!!!」が全く出ずに点数が伸びず不穏な立ち上がり。しかし3回目で連続で「!!!」が出た結果、ギリギリ点数が伸びて終了時点で5500程・ボーナスによる上乗せでギリギリ10000を超える結果になりました。

ペーシェンス2とダブルフッキングの方法論

どちらも幻海流中にに集中運用するという点は共通しています。

ペーシェンス2を使う方法

幻海流が発生したらすぐにペーシェンス2を使用します。ペーシェンス2の効果時間は2分間とちょうど幻海流と同じ時間なので相性が良いです。

ちょうどパッチ5.2で釣りの際、引きの強さに合わせて「!」「!!」「!!!」と3つの表示がされるようになりました。!の数に合わせて「!」の場合はプレシジョンフッキング、「!!」「!!!」の場合はストロングフッキングを使用して幻海流中に釣れるレアな魚をHQで確実に釣っていこうという方法です。

基本的にHQの方がNQよりも釣果ポイントが高いので1度釣り上げる度に伸びる釣果ポイントの数値が大きくなりやすいのが特徴になっています。

ダブルフッキングを使う方法

ダブルフッキングを使う場合は幻海流に入ってもペーシェンス等を使わずに釣りを続けます。注目するべきポイントはこちらも「!」「!!」「!!!」の3つのマーク。

できるだけ「!!!」が出たタイミングでダブルフッキングを使用する事で点数の高い魚を複数釣る事を目指した方法です。

漁師のレベリングがカンストしており装備を整えているならGPは800を越えているはずなのでハイコーディアルも準備しておけば1度の幻海流中に3度ダブルフッキングを使用するチャンスがあります。「!!!」が来たタイミングでダブルフッキングを使用して点数を伸ばしていきましょう。

ただダブルフッキングの場合、当然NQが釣れる確率の方が高いので運に左右される部分も大きくなっています。また幻海流中必ず「!!!」が来るわけではなく、ボクが達成した時のように1箇所目、2箇所目の釣り場では1度も出なかったなんてパターンも当然ありえます。残り時間を確認しつつ「!!!」が全然来ないような場合には「!!」でも良いのでダブルフッキングして少しでも良い魚が釣れる事を祈りましょう。

1万点を目指す為に押さえておきたいポイント

レベルを80まで上げる

ペーシェンス2を使用するにしてもダブルフッキングを使用するにしてもGPの消費量が大きいのが特徴の1つです。その為レベリング中にはこれらのアクションを積極的に使っていくのは難しいのでレベル80になるまではレベリングをする事を意識した方が良いです。

釣り餌はエリアで変えるべし

パッチ5.2時点ではオーシャンフィッシングで訪れる釣り場は全部で4箇所です。それぞれの釣り場では幻海流を起こす為の特定の魚が生息しており、通常時はその魚を釣るのが1つの目標です。特定の魚を釣る事を目指すのであれば釣り場毎の餌は以下のようになります。

ガラディオン湾ファットワーム
ロータノ海ファットワーム
メルトール海峡南クリル
メルトール海峡北イワイソメ

またどの釣り場においても幻海流が発動した場合には釣り餌をファットワームに切り替えるようにしましょう。ファットワームは大型を狙う餌なので点数が伸びやすいです。

万能ルアーは使っちゃダメなの?

オーシャンフィッシングを解放するともらう事ができる万能ルアー。ルアーは釣りをしても基本的になくならない(たまになくなりますが)というメリットがありますが反面、釣れるまでの時間が生き餌を使う場合に比べて長くなります。オーシャンフィッシング、特に点数を上げてマウントを目指す場合、スピード勝負の側面も強いので万能ルアーは使わない事をオススメします。

通常時はGPをできるだけ余らせるように!

ペーシェンス2・ダブルフッキング共に必要なGPが大きいのが1つのポイントです。これらの2つに使えるGPをできる限り使いたいので幻海流じゃない間は基本的にGPを節約・回復の時間にあてるようにする事をオススメします。

回復時間を考えて多少使う分には問題ありませんが、幻海流がきた際に最大限のポテンシャルを発揮できる状態を整えておく事だけは忘れないようにしましょう。

達成時のボーナスを意識して釣りをする!

オーシャンフィッシングは終了時、釣果に合わせて様々なボーナスが付与され最終的な釣果ポイントが確定します。このボーナスはかなり大きくボクが10000点を越えた時には以下のボーナスを獲得していました。

万越し祝い釣果ポイント5000以上 20%
珍魚★4の魚を釣る10%
爆釣王幻海流に35匹以上釣る20%
豊魚PT単位で10種の魚を釣り上げるエリア単位で10% 最大30%
合計80%

この他にも自身が幻海流を起こした場合などにもボーナスがあります。特に大きなボーナスになっているのが万越し祝いと爆釣王の2つです。これらはそれぞれに釣果ポイント2500以上で10%、幻海流中に15匹で10%と下位のボーナスがありますがこれらのボーナスではなかなか釣果ポイントを伸ばす事が出来ません。

上記で紹介した2つの方法はそれぞれペーシェンス2は万越し祝い、ダブルフッキングは爆釣王を狙いやすいですが10000点を超える為にはいずれにしても両方達成する・もしくは一方+自身で幻海流を起こすという運にかける事になります。

最後は結局、運が絡む

色々と抑えるポイントはありますがこれら全てをしっかりとやったからといって必ず1回で10000点を越えられるかと言われたらそれは難しいです。幻海流の回数も必ずしも3度起きるわけではありませんしかかる魚の種類も餌である程度制御できるとは言ってもあくまでもある程度!釣果ポイントが低い魚が連続で釣れるという事もしばしばあります。

漁師はこれまえも運が絡むものでしたけど、オーシャンフィッシングというコンテンツ化しても最後は運次第という漁師の特性は変わっていません。

1度で諦めず根気をもってトライしてみましょう。

オーシャンフィッシングはコンテンツとしての完成度が高い!

そんなわけでオーシャンフィッシングについてあれこれまとめてみました。
最後に少しだけ個人的なオーシャンフィッシングに対しての感想を書くと、FF14のコンテンツとしては最初からけっこう完成度が高いんじゃないかなという印象を受けました。どうしても仕方のない部分ではあるんですけど最近新しい物が実装されてもどうもかゆい所に手が届かないという事も多くて期待が高い分、期待はずれになってしまう事が多かったんですよね。もちろんそれを後から改善してより良い物にしていくっていう事が出来ているのでFF14開発陣は凄いなとも思うんですがやっぱり第一印象って大事なんですよ。

最初の印象で「触りにくいな」「楽しくないな」ってなってしまうとその後、いくらアップデートしてもまた触ってみようとはなかなかならないと思うんですよね!

そういう意味でオーシャンフィッシングは漁師のコンテンツとしては初の試みながらしっかりと形になっているので今のままでも十分に楽しめるコンテンツになっている印象を受けました!

もちろん欲を言えば「もう少し短い間隔で出港してほしい」とか、「アライアンスを組んで申請したい」とか要望がないわけでもないですけど、現状でも遊びにくいなとは感じないので十分かなと思いますよ!

ただFF14のコンテンツの性でもあるんですけど現状は多くの人がやっているので良いんですけど、これも人数が減ったらマウントとかは大変になるんじゃないかなぁと思ってみたりもしますが。

というわけでオーシャンフィッシングでマウントを獲得する方法と個人的な感想でした!
ではではーっアジントタ(良き夜を)

冒険者の館に戻る

チスイ流冒険者の館
これまでボクがFF14の世界を冒険して得た知識を共有する為の様々な記事を紹介するまとめです。

コメント