ユザイベに行く為のサブキャラ作りをまとめてみた

この記事について

やっはろー
ユーザーイベント通いが止まらないちぃです。
ユーザーイベントはエオルゼア内様々な場所で行われており場所によってどうやって行けばいいかって迷ってしまう事もあるのですよね。
そこで今回は各地のユーザーイベントに参加するべくサブキャラを作る手段などをまとめてみました!

行き先のワールドがどこのデータセンターに属しているかを確認しよう

サブキャラを作る前にまずは行ってみたいユーザーイベントが行われるワールドがどのデータセンターに属しているかを確認しましょう。
以前はそれぞれのワールドにキャラを作る必要がありましたが2019/6現在はワールド間テレポの実装により、メインキャラのワールドと同じでデータセンターであればサブキャラを作る事なくワールド間テレポを利用する事でユーザーイベントに参加出来ます。

データセンター内ならワールド間テレポで!

この記事執筆時点でFF14にはワールド間テレポという機能が実装されています。このワールド間テレポは同一データセンター内であれば自由に行き来出来るというものです。その為、メインキャラがいるデータセンター内であればサブキャラを作る事なく自由に行き来が出来ます。

データセンターとは?

普段プレイしているとあまり意識する事はありませんがそもそもデータセンターとはどういうものかを簡単に説明しておきます。
FF14はサーバーの負担の分散をする必要性からいくつもの「ワールド(サーバー)」に分かれて運営されています。こうしないとよほどのハイスペックなPCでないとプレイ出来なくなってしまう為です。
そしてこの「ワールド」を10個前後でまとめたのがデータセンターです。ワールドが異なっていてもデータセンターが一緒であれば「パーティ募集」が行えたり、コンテンツファインダーを通して一緒に遊ぶ事が出来ます。
現在、日本にはGaia(ガイア)データセンター、Mana(マナ)データセンター、Elemental(エレメンタル)データセンターの3つのデータセンターがあります。
そしてこのデータセンター内であれば自由に行き来出来るようにしたシステムが「ワールド間テレポ」です。

データセンターの区分けについて

この記事の執筆時点では日本のデータセンターの区分けは以下のようになっています。

GaiaDC
  • Durandal
  • Ridill
  • Bahamut
  • Ifrit
  • Tiamat
  • Alexander
  • Fenrir
  • Ultima
  • Valefor
  • Yogimbo
  • Zeromus
ManaDC
  • Masamune
  • Chocobo
  • Mandragora
  • Titan
  • Anima
  • Asura
  • Beleas
  • Hades
  • Ixion
  • Pandaemonium
  • Shinryu
ElementalDC
  • Aegis
  • Gungnir
  • Atomos
  • Garuda
  • Ramuh
  • Tonberry
  • Carbuncle
  • Kujata
  • Typhon
  • Unicorn

ワールド間テレポの解放はいつ?

FF14ではメインシナリオの進行や各種クエストを解放する事で徐々にシステムが解放されますが、ワールド間テレポはプレイ開始直後から解放されています。特に解放の為に必要なクエスト等もありません。

ワールド間テレポを行う方法

ワールド間テレポは通常のテレポと違いどこでも自由に出来るわけではありません。初期3都市(ウルダハ、リムサ・ロミンサ、グリダニア)のエーテライトにアクセスすると選べる選択肢「他のワールドに遊びにいく」を選んだ場合のみ行う事が出来ます。
移動先のワールドを選んで移動を開始すると混雑で入れない状態じゃないかの確認だけがシステム的に入り、その後アクセスした都市のエーテライト付近に飛んでいる形です。

メインキャラと違うデータセンターのイベントに参加する場合

さてここからは自分のメインキャラがいるDC以外のユーザーイベントに参加する際の方法についてまとめていきます。

キャラ作成から冒険者居住区に行くまで

まずはキャラ作成を行います。タイトル画面で「DETE CENTER」を選ぶ事でデータセンターを選んでアクセス出来るので行きたいデータセンターを選びましょう。
データセンターを選ぶと普段と変わらずキャラ選択/作成画面に入ります。

キャラは消えてないよ!

もちろん接続しているデータセンターが違うので普段表示されている自分のキャラは表示されませんが、タイトル画面で改めて「DETE CENTER」を選んで元のデータセンターを選べばちゃんと表示されますので心配しないでください。

キャラは1から作る事も出来ますし、事前にデータを保存しておけば自分のキャラをそのまま作成する事も可能です。
同ワールドでは同一の名前のキャラを作る事は出来ませんがワールドが変われば同名でもキャラ作成が可能です(他に使用している人がいなければ)
ワールド選択の際は行きたいイベントが行われるワールドで作成でも良いですが、混雑していて作成出来ない場合、ある程度進行させるつもりの場合には優遇サーバーに作るのもおすすめです。上記でも記載したようにワールド間テレポは最初から解放されているのでデータセンター内であれば特に拘る必要はありません。
こだわる必要があるのはクラスです。クラスで開始都市が変わるので進行させるつもりがないのであれば必ず行きたいユーザーイベントが行われる冒険者居住区がある都市で開始出来るようにクラスを選びましょう。
キャラ作成が終わったらチュートリアルを終わらせて自由に動けるようになるまで進めます。この時点では冒険者居住区へのテレポは解放されていないので徒歩で冒険者居住区の入り口に向かう必要がありますが入るだけであればクエスト等をこなす必要なく入る事が可能です。

ウルダハからゴブレットビュートへ

ゴブレットビュートの入り口は西ザナラーン出てすぐの長い階段(ササモの八十階段)の途中にあります。距離も短く道中にはアクティブモンスターもいないので簡単にいけます。

リムサ・ロミンサからミスト・ヴィレッジへ

ミスト・ヴィレッジの入り口は低地ラノシアの北部、レッドルースター農場の東側にあります。ゴブレットビュートと比較して距離がありますがこちらも道中にはアクティブモンスターはいないです。

グリダニアからラベンダーベッドへ

ラベンダーベッドの入り口は中央森林、ベントブランチ牧場から南、南部森林へと続く道中にある「鏡池浅橋」です。距離も最長であると同時に道中にはアクティブモンスターもいるのでスプリントなどを使って上手く駆け抜けましょう。

冒険者居住区へのテレポを解放するまで

各都市から冒険者居住区へのテレポを解放するにはそれぞれの冒険者居住区毎に専用のクエストをこなす必要があります。
クエストの受諾には少しですがレベルを上げる必要もあるのでクエストをこなしたりモンスターを倒すなりして経験値を稼ぎましょう。
サブキャラでもそれまでに受け取っていた特典は受け取れるので経験値アップの効果がある「エーテライトイヤリング」などがあるなら活用しましょう!

居住区名ミスト・ヴィレッジゴブレットビュートラベンダーベッド
クエスト名潮香るミスト・ヴィレッジの夢の家豪奢なゴブレットビュートの夢の家花咲くラベンダーベッドの夢の家
クエスト
レベル
レベル5レベル5レベル10
クエスト受注NPC低地ラノシア
レッドルースター農場
アクトクーン
西ザナラーン
スコーピオン交易所
イメ
中央森林
ベントブランチ牧場
マージェリア
注意

立地関係でラベンダーベッドだけはクエストのレベルが高いので注意!

3国の冒険者居住区に行けるようになるまで

1人のキャラで3国の冒険者居住区に行く為にはまずメインシナリオを進める必要があります。開始都市でクエスト名は変わりますが飛空艇で3国を巡るクエスト「森都と砂都(リムサ・ロミンサスタート)」「海都と森都と(ウルダハスタート)」「海都と砂都と(グリダニアスタート)」まで進める必要があります。
もちろんただ都市に行けるだけでは冒険者居住区へのテレポは解放されていないので上記のテレポ解放クエストはそれぞれに進行する必要があります。

余談:3国まで行けるなら

せっかく3国まで行けるようにした上でユーザーイベントに参加するのであれば、西ザナラーンのベスパーベイに行ってミラプリと染色を解放しておく事をおすすめします!
サブキャラでもそれまでに受け取っていた特典やベテランリワードなどは受け取れるのである程度のおしゃれは可能です!
走ってベスパーベイに行くのは大変ですが、リムサ・ロミンサの巴術士ギルド付近にある船着き場から船で渡る事が出来ます!

サブキャラも使ってユーザーイベントを満喫しよう

ワールド間テレポの実装によってユーザーイベントはかなり行きやすくなりました。メインキャラのデータセンターにはワールド間テレポでサブキャラを作る事なくいけますし、日本リージョン全部に行けるようにしたいと考えてもメインキャラを含めて3キャラいれば事足りるので、ユーザーイベントが好きならぜひ作っておく事をおすすめします!
ではではーっ

コメント