所持品圧迫を改善する方法

所持品がいっぱいでアイテムを受け取れませんでした

やっはろラリホー
リテイナーは3人契約してますチスイです。
しばらく遊んでいると誰しもがぶつかる問題!
それが所持品の圧迫
FF14って自分のアイテムとして管理できる所持品枠数ってMMOの中でもダントツで多いんですけどそれ以上にアイテムも多いので何も考えずに冒険を進めているとけっこうすぐにいっぱいになってしまいます。
本当に欲しいアイテムを手に入れようとした時見出しのようなダイアログが出ると本当に悲しくなるものです。
そんなわけで今回はボクなりに所持品圧迫を改善する方法をまとめてみました。
基本的な内容からちょっとした裏技まで色々考えてみたので所持品圧迫に悩んでいて実践していないものがあったら実践してみてください!

IDで手に入る素材は基本的に売る・捨てる

インスタンスダンジョンやアライアンスなど日々ルーレットを回していると装備以外にもアイテムを入手できる事ってありますよね?これらのアイテムは基本的にクラフターの素材になるアイテムが多いんですが、使用頻度の高いアイテムはあまりなく、またあるものでも他の手段で用意ができるのであまり重宝されません。マケボの価格や回転率を確認して売れそうなものは売りにだし、価値の低い物はNPCに売ってしまうか最悪捨ててしまいましょう。
稀にですがそこのダンジョンでしか手に入らない希少なアイテムが手に入るダンジョンもある(特に新生の50IDあたりはこの傾向が強いです)ので売ったり捨てる前には必ず確認するようにしましょう。
同じように宝箱から手に入る装備であれば軍票にしてしまうのも手です。

ギャザクラの素材でいっぱいな人向け~中間素材以外キープをしない~

ギャザクラをやっているとついつい色々な素材が溜まりがち!特にFF14のギャザクラはとにかくアイテムが多いので困るんですよね。ボクもリテイナーのうち1人はクラフト前の素材で埋まっていたりします。
どうしても素材がいっぱいならそれらの素材を選別するのも1つの手段です。分かりやすいのは「中間素材の素材」「中間素材」とそれ以外に分ける方法!
中間素材になる素材は使用頻度も高いので残しつつ、特定のアイテムのクラフトにしか使わないアイテムは思い切って売却/捨ててしまいましょう。それらのアイテムは基本的に使い道が少ないのでわざわざキープしなくても必要な時に必要な数だけマケボで購入する(そして余らせず、余るようならすぐ売却)ようにすると所持品の枠を空ける事が出来ます。

不必要なHQは敢えてNQに品質を落として管理

クラフト素材でもう1つ厄介なのがHQの存在。アイテムとしては価値が上がるので良い事ではあるんですけどHQと重ならないので所持品枠を圧迫するんですよね。クラフターのレベルが上がってきてある程度装備を揃えていくと基本的にNQからでも確率100%でHQ品を作れるようになるのでレベルの低いクラフトでしか使わないアイテムのHQは「品質を下げる」でNQにして重ねてしまうのがお得です。1つのアイテムで空く枠は1つですがそれを持っているアイテム全部でやるとけっこうな空きが作れたりします。
ボクの場合、新式などの素材を除いて基本的にHQ中間素材を作る事はないので、ほとんどのアイテムはNQにして管理しています。

所持枠をフル活用する

いらない装備がアーマリーチェストにないか確認する

複数のジョブを触っている人やギャザクラんどもレベリングしているとアーマリーチェストに色々な装備が溜まっていきます。その中に既に役目を終えた装備は入っていませんか?レベリング装備はミラプリで使う用でなければ基本的に上位のILの装備になったら不要になりますし、パッチが進んでいくと同じ80装備でもILの低い装備が残ったままになっているなんて事もあります。

チョコボかばんを活用する

チョコボの開放と同時に実はひっそり開放されているチョコボかばん。チョコボの開放はマウントに乗る為にもほぼ必須なので誰もが開放しているはずです!今は開放の為に軍票を溜める工程も必要なくなりましたしね。
チョコボかばんはダンジョンなどでは開けませんがメニューからいつでも開ける枠なので、すぐには使わないようなマテリアや現在使っているクラフト素材などを入れるだけで相当量の所持品圧迫を解消する事が出来ます。

ミラージュドレッサーに装備を入れる

実装時から色々な仕様変更が行われているミラージュドレッサー。現在は装備限定+入れるのにミラージュプリズムが必要な倉庫という扱いになっています。最初期の仕様であった「1度入れたらもう出せない」という仕様は既に無くなっているので安心してアイテムを入れるようにしましょう。ミラージュドレッサーに入れる事=ミラージュプレートに使うではないので倉庫としての活用もおすすめです。

銘は消えるので注意

ただしミラージュドレッサーには1つ難点があって、入れたアイテムの銘が消えてしまうというのがあります。フレさんからもらった大切な装備などを入れてしまうとせっかくの銘も消えてしまうので思い出の品などは避けて別の装備を入れるようにしましょう。

愛蔵品キャビネットを活用する

愛蔵品キャビネットも同じく装備限定の倉庫として活用出来ますがこちらは予め指定されたアイテムしか入れる事が出来ません。主にシーズナルイベントの報酬でもらえる装備やアチーブメント装備など、捨ててしまうともう入手手段がない装備などに指定されている事が多いです。愛蔵品キャビネットの方はアイテム指定がある変わりに入れられるアイテム数に指定はないので愛蔵品キャビネットに入る装備は基本的に愛蔵品キャビネットに入れるのがおすすめです。

所持品圧迫解消の裏技・マケボ出品

皆さんマケボで買い物をする時に見た事ありませんか?無駄に高い金額(上限いっぱいの金額)で出品されたアイテム。
あれって実は出品者に売る気はさらさらなくてマケボの出品の枠をアイテム保存に活用する昔から行われてきた所持品圧迫解消術の裏技的な方法です。
誰も購入しない限りいつでも取り出せるので絶対に誰も買わない金額を設定して並べておくんですね。
この方法は1体のリテイナーにつき20枠まで可能ですが、マケボに出品できるアイテムでなければならず、また万が一に誰かに買われても文句は言えないという点に考慮する必要があります。また当然マケボでアイテムが売れる可能性も下げてしまうので空いている枠で行うくらいに考えておくのがおすすめ!
本当に緊急時などには覚えておくと以外と便利です!

所持品枠の範囲を超えて考えうる方法

サブキャラを活用する

料金プラン次第ではありますがFF14では基本的に1つのサーバーに8キャラまでキャラを制作出来ます。このキャラ達に普段使わないアイテムを渡しておくというのも1つの手段として有効です。
サブにアイテムを直接渡すっていうのはFF14では出来ないんですが、FCを同じにすれば、FCチェストを使っての受け渡しや、ハウジングの家具なら一方で設置して一方で回収するというやり方でアイテムを受け渡す事が出来ます。
または誰か信用できるフレンドにアイテムを預け、サブで受け取るという手段も可能です。

リテイナーを増やす

色々やってもどうしても所持品枠が開かないというのは起こりえます。これはもうシステム的に仕方のない事です。
そんな時に取り入れたいのがリテイナーを増やす事!リアルマネーが月額でかかってしまいますが、まるまるリテイナーが1人増やせるのでその分の枠を拡張する事が出来ます。
毎月の事なのでお財布と相談は必要ですが、色々試してもどうしても所持品枠を開けられないのなら今後の快適なプレイの為にも導入する事をおすすめします。

コンパニオンアプリを活用する

コンパニオンアプリはアイテムの整理をする事に長けたアプリになっています。特に有料版にするとリテイナー+1、チョコボかばんの要領が倍になり、アプリで所持品・アーマリーチェスト・リテイナー・ちょこぼかばんの間でアイテムをやり取りできるようになります。上記で紹介したリテイナー契約をするのに少しプラスした金額でこれらの事ができるようになるので「アイテムの整理に貴重なゲーム時間を割きたくない!」という人は取り入れてみる事をおすすめします。

そのアイテム本当に持ち歩く必要がありますか?

今回は日々ヒカセンの頭を悩ませる所持品枠圧迫問題について解決できる方法を色々とまとめてみました!
FF14の世界はどんどん機能が拡張されているので意外と「これは知らなかった」というものがあれば幸いです!
もし、これ全部実践していて、リテイナーも最大まで契約していてそれでも尚アイテム枠が足らないと言うのであれば……それはおそらく断捨離が足りないんだと考えます。ボク自身戦闘職は全ジョブカンストさせるまで触っていますし、ギャザクラもカンストさせています。確かにレベリング中はレベリング装備達が所持品を圧迫しますがそれなら少しずつ解消されていくはずです。
持ち歩く必要があるアイテムかどうか、使いみちがあるかどうかを考えながら思い切ってアイテムを整理してみてはいかがでしょうか?
ではではーアジントタ(良い夜を

冒険
シェアする
定期購読はこちらからフォローをお願いします!
エオルゼアでの日常

コメント