70レベルで使うスキル回しを考えてみた

予想外!あのアクションが使えない???

やっはろラリホー
今週はひたすらクラフターについて調べているチスイです。
調べるのがメインになっていて製作はしていないんですけどね。
イシュガルド復興もあるけど未だに5.1実装のギャザクラ新式作ってない、、、ギャザクラが好きと言っても新式戦線の最前線にいるわけではないのがボクだったりします。
そんなボクがお送りするクラフターマクロシリーズ!今回は70レベルで使用出来るスキル回しについて考えてみました!

今回の検証について

50レベル、60レベルの時と同様、プレイキャラのレベルは80ですが、70レベルの段階で入手可能な装備、アクションを使用してのマクロになります。
70レベルの段階で使用出来るマクロであって、80レベルになってから70レベルの装備を作るのに向いたマクロというわけではないのでご注意ください。

今回の検証装備

主道具モリブデンHQ
副道具モリブデンHQ
サージニットキャップHQ
ツインシルク・サスペンダーシャツHQ
ガゼルクラフターグローブHQ
ツインシルクエプロンHQ
ツインシルク・クロップドパンツHQ
ガゼルシューズHQ
ゼルコバイヤリングHQ
ゼルコバネックレスHQ
ゼルコバブレスレットHQ
ゼルコバリングHQ
ゼルコバリングHQ
作業精度1211
加工精度1114
CP382

一言でいうと紅蓮最初期のクラフター装備一式ですね。4.0で実装された装備なのでILでいうとIL290の装備になります。もちろん70でそれ以上の装備もありますけど、揃えやすさなどを考慮してこの形に!
ステータスは食事・薬なし、マテリアもなし、マイスターも考慮していない数字なので同じ70装備の中でもかなり余剰がある状態です。

完成したマクロがこちら!

/ac 確信 <wait.3>
/ac 経過観察 <wait.3>
/ac 注視作業 <wait.3>
/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac マニピュレーション <wait.2>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工
/echo <se.10>

/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3> 
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac イノベーション <wait.2>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 工面算段 <wait.2>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 経過観察 <wait.3>
/ac 注視作業 <wait.3>
/ac 模範作業
/echo 完成! <se.10> 

このマクロのカバー範囲

60レベルの時同様、加工中に何度か集中加工が発動する必要こそありますが、70レベルの装備がHQ素材なしからでもHQ製作が可能なマクロになっています。

これは簡単、、、なのか?

パッチ5.1で行われたギャザクラ大改修、まだ5.2での改修も残しているとはいえ、これだけだとギャザクラ簡単になったからやってみようと言えない!確かに使うアクションが減って考える事は減ったしシンプルにはなった!それは間違いない!
でもアクションが減ったはずなのに実際に作業してみると、同じ紅蓮時期のアクション数と変わらない、むしろ少し多いくらいになってしまう。それではやっぱり「簡単」って言い切れないんじゃないでしょうか?

このままじゃなんかすっきりしない!

いつもなら1つの検証で終わる所なんですが……今回はなんかすっきりしないので追加でもう1つ検証!
これまでの50レベル、60レベルでもそうでしたが今回の70装備も70装備の中ではほぼ最低ランクの装備!(厳密にはまだ下に強化前の交換装備とか同じ装備のNQとかありますけど)
それならこれが同じ70装備でも紅蓮最終となる装備だったらどうなるのか!という検証もしておこうかと思います!

条件変更後の装備

主道具ナイトスチールHQ
副道具ナイトスチールHQ
鬼師帽HQ
鬼師胴着HQ
鬼師手甲HQ
鬼師帯HQ
鬼師股引HQ
鬼師草履HQ
グレース・クラフターイヤリングHQ
ブラックウィロー・クラフターネックレスHQ
ブラックウィロー・クラフターアルミラHQ
ブラックウィロー・クラフターリングHQ
ブラックウィロー・クラフターリングHQ

基本的なILが340に上がり、主道具がIL345、副道具がIL325で合計は339となっています。これでステータスは以下のように!

作業精度1590
加工精度1470
CP395

CPは見た目上そこまで増えた感じはしませんが作業精度と加工精度は共に300近く上昇!この上昇量はなかなか大きいですね!
もちろん食事・薬・マテリア・マイスターはなしという部分は変更していません。

完成したマクロがこちら!

/ac 真価 <wait.2>
/ac マニピュレーション <wait.2>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3> 
/ac 倹約加工 <wait.3> 
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac イノベーション <wait.2>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac 工面算段 <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac アート・オブ・エレメンタル <wait.2> 
/ac ブランド・オブ・エレメンタル <wait.3> 
/ac ブランド・オブ・エレメンタル <wait.3>
/ac ブランド・オブ・エレメンタル

紅蓮時代の最強加工アクション倹約加工が使えるようになり、耐久はかなり余裕がある!加えて作業精度が高まった事で確信を使わず、エレメンタル系だけでも完成するようになったので真価が使えるようになったのはかなり大きいですね。
結果として2つのマクロをほぼ最大まで使っていた上記から打って変わって1つのマクロに収まる結果になりました。
凄い個人的な事を言えば、ちゃんと倹約加工の優秀さが分かる結果にもなりました。このマクロ、耐久かなり余ります。
また作業精度・加工精度と比較して上昇量があまり大きくないように感じたCPも上昇していなければこのマクロは組めなかった事を思うとしっかり意味はあったなって感じです。そして仮に食事などの要素を使ってCPを増やしても作業精度・加工精度的にやっぱり4.0時点での装備ではこのマクロは使えない(HQも100%になりませんし完成もしません)

クラフターにとってステータスの違いが大きい事が分かる結果に!

今回は急遽これまではやらなかった同レベルでの最初期と最終期の装備それぞれのスキル回しを検証してみました。個人的にはなかなか面白い結果になった印象です。
やっぱりクラフターにとってステータス3種の実数値がどれだけ大切か、という事がよく分かる結果になりましたね。クラフターの場合、レベリングをすると同時にしっかりと装備の更新をしていく事でどれだけ楽になるかという事を体現出来たように思います。
またレベルが70まで来るとだいぶ使えるアクションも増えてくるので今回のマクロ以上に簡単なマクロも組めるかもしれません。ぜひあれこれ工夫しながらクラフターを楽しんでみてはいかがでしょうか?
ではではーっアジントタ(良い夜を)

他のレベル帯も検証してみました

コメント